キャリアウーマン過ぎる妻を持つ旦那さんは、世間では一体どんなお気持ちなのでしょうか。
妻が稼いでくれて助かっているという方や、家庭では主夫のようなことをして、妻を応援していますという人もいるでしょうし、あんまり家庭をほったらかしにされるのは困るということで、相談が必要だと思っている人もいるでしょう。
しかし、自立した一人の大人として、社会に役立って、仕事をすることやお金を稼ぐことは悪いことではないわけで、家事や育児を手伝う機会をできるだけ増やす旦那さんがいてもおかしくない世の中です。

 
女性が経済活動への参加ができる機会を奪うことは、女性の能力を潰して、男性が女性を蹴落としているようなものです。できるだけ、家庭での協力体制をつくって、お互いを応援し合う形が、1番ベストなのではないでしょうか。
社会で認められる喜びを、女性だからと言って、家庭に閉じ込めて、得にくくすることは、ある意味では罪深いことです。小さなお子さんの手が離れたら、ある程度自由な経済活動への参加を許可する社会の方針に、家庭でも便乗すべきです。
男女対等の時代に着いていくことは、次の幸せに繋がっていく気がします。男性ばかりがむやみに威張っているようでは、新しいことを謙虚な姿勢で学び、習得し続ける人生を送ることができず、男性の成長もそこで止まってしまいます。