» 未分類のブログ記事

緊張感ゼロな妻

| 未分類 |

家族、夫婦、いくら親しい関係だとしてもその間にはある程度の礼儀が必要です。そして緊張感というものも、大切なのです。夫婦ともなると、もう緊張感ゼロでもいいのではないかという考えを持っていらっしゃる方も多くいますが、やはり、毎日のようにぐうたらだらしない生活をしていたり、妻がノーメークで過ごしているのを見ると悲しくなってしまいます。自宅にいるときでも美しく、最低限の華やかさを保つことが夫婦円満の秘訣にもつながります。

 

だらしない日常生活で、家事は放棄し、さらには一日中すっぴんのノーメークでだらだらとテレビを見ているだけでは夫婦関係も悪化するばかりです。緊張感のない妻を見て、幻滅するばかりでは意味がありません。そのような妻に対して、諦めたり暴言を吐くのではなく、こうしてくれたら、もっと素敵で魅力的だということを伝えてあげるべきです。緊張感の無くなってしまった夫婦の間に、どのようにすればまた新たな緊張感が生れるかということを改めて考えるべきなのです。妻自身がひとりで緊張感を生み出すことは難しいものです。第三者の目線としても、夫が妻を褒めつつ、あたらしい緊張感を作り出すことが、夫婦円満の秘訣でもあります。

取り調べ調な妻

| 未分類 |

妻が夫に依存しすぎることがきっかけで離別にいたるケースもあります。
夫に依存する妻の傾向としては夫が浮気をしていないかどうかが心配になり携帯電話などを勝手に見たり取り調べをするのがあります。
基本的には夫婦関係であったとしてもプライベートを侵害するのはよくありません。

 
それは信頼関係ができていないということだからです。
そして何か怪しいメールがあったといにいちいちこれは誰なのか説明をさせるようであればうっとおしくて仕方ありません。
そしてこれがあまりにもひどくなりますと帰宅するのが嫌になってしまうのです。
不愉快な思いをする場所に帰りたい人などいません。ですのでこのようなことをするのはやめてください。
相手を信じられなくなってしまいますともう一緒にいる意味がなくなってしまいます。

 
安心を得るためにチェックをするという方もいらっしゃるかもしれませんが、その行動のせいで自分が逆に信頼を失うリスクがあるという事をちゃんと自覚しなければいけません。
相手が全く浮気をしていなかった場合は痛くもない腹を探られて非常に不愉快な気持ちになってしまいます。
このようなプライベートの侵害も裁判になったときに自分には不利になります。

断捨離しすぎな妻

| 未分類 |

 

 

依存しやすいタイプの人は、のめり込みやすい所があるのではないでしょうか。
一般的には誰でも、新たな情報収集をしては、その結果得た情報を元に、また更にパワーアップして、実行し始めるということがあると思いますが、断捨離というジャンルで、この効果が生まれると、捨てたがりの性格をつくってしまうということがあるようです。

 
ガラクタは捨てましょうとか、そうすることで幸せになれますよなどと書かれている内容のものが多い、断捨離の情報ですので、その情報を収集しすぎてしまうと、そうもなってしまうのかもしれませんよね。
それで、奥さんが、このパターンに陥ってしまった時、旦那さんは立場的に、賛同できないこともあるみたいで、困っている人がいるのでしょう。奥さんにとって、いらない物でも、旦那さんにとっては、まだ残しておきたい物である場合がありますが、そういう物を、奥さんがいらないわと勝手に判断して、捨ててしまっているのかもしれません。

 
こうなってくると、夫婦関係を見直して、この意見の違い、曲げられない部分に対して、お互いにどう対処をしていけばいいのか、悩む所であります。ちょっと依存しすぎな奥さんの依存心は、取り除くか、減らした方が良いのかもしれないですし、逆にもう奥さんがそれでスッキリするし、幸せなんだと言う場合には、旦那さんや周りは、どこまで許容することができるだろうという話になってきますよね。

依存症な妻とは

| 未分類 |

 

 

子離れできない親と、親離れできない子供というのは、世の中に数多くいるでしょう。
結婚してからもそれが続き、妻が夫よりも実家に重きを置いているという状況が実家依存です。
例えば、妻が実家に毎日のように電話やメールで話したり、
買い物に行くにも、夫より母親が多かったりします。
夫の仕事中は、自宅より実家で過ごすことのほうが多く、家事や育児を必要以上に手伝ってもらっている場合も依存といえるでしょう。
実家から、経済的な援助を受けている場合や、それに合わせて、夫より親の意見を取り入れる場合もそうです。

 

 
親も、過干渉でつい娘の結婚生活や子育てに口出ししてくるといった状況は、
まさに、子離れできていない証拠です。
娘も当然、夫よりも親を頼りにすることになります。
これでは、結婚生活が上手くいかなくなっても当然といえるかもしれません。
これとは別に、夫依存というものがあります。
夫を立てる、夫を頼り甘えるということに関しても、度を過ぎると依存ということになります。

 
こちらは、夫の言動の1つ1つに反応し、振り回されてしまうのです。
夫の些細なことに、傷ついたり、感情をコントロールできなくなるような、
そんな事態に陥る可能性もあります。
夫依存の場合も、やはり結婚生活に支障をきたす可能性があります。
では、このような依存症の妻をどのようにすればいいのかということですが、
夫婦関係を健全な状態にするために、今の状況を知らせる必要があります。
そのためには、カウンセリングを受け、状況把握から、少しずつ、自己の確立を手助けしてもらうという選択肢もあるのです。

無関心な妻

| 未分類 |

離別の原因は色々とありますが、妻が子どもに対して無関心な場合に離別に進んでしまうこともあります。
子どもに対してあまりにも関心がなさすぎますと子供を不憫に思ってしまいます。
子供が小さなうちはPTAに参加したり、授業参観に参加したり色々と時間を割かなければいけない部分が出てくるのですが、感心がないためにこれらに参加しようとしないのです。
こうなると夫としてというより父親として妻が許せなくなり、離別へと進展してしまうのです。

 
元々妻がキャリアウーマンであり、今でもそれを続行している場合には家庭よりも仕事のほうを優先してしまうことがあります。
夫は自分がつらい思いをするのは我慢できても子どもに対して不憫な思いをさせるのは耐えられないことが多いのです。父親として子どもに対する愛情が妻との離別を決心させるのです。
子どもというものは夫婦2人で一緒に育てるものです。
それができなければ夫婦である意味がなくなってしまいます。
ですのでいくら仕事が大事でも家庭のこともちゃんと見るようにしてください。
これは家庭円満夫婦円満の秘訣となります。
家庭が円満にいけば仕事もうまくいくようになるのです。
どちらかを犠牲にするのはよくありません。

グチ過多な妻

| 未分類 |

 

 

結婚当初は妻が働くことに抵抗を感じていなくても、夫婦生活が長くなり子供が生まれたりライフスタイルに変化があるとキャリアウーマンな妻を持つことに負担を感じることも多くなるでしょう。
外で働きながら家庭で妻としての役割も果たすという事は、かなりのストレスを感じます。
外で我慢をしている反動から、特に仕事に関するグチを家庭内で爆発させたり、子供や夫に対してイライラした言動を繰り返すと、家庭内の雰囲気が悪くなります。
また、キャリアウーマンに理解を示さない姑などの夫側の親族に対する悪口を言われたりするのも夫としては許しがたい事でしょう。
色んな人の悪口を家庭内で口にすると、一緒にいる時間の長い子供にも悪影響です。

 

 
このような事が続いていれば、夫にも子供にもストレスがかかり、家族の気持ちはバラバラになってしまいます。
そうなれば行き着く先は夫婦関係の解消でしょう。
特にキャリアウーマンの場合は、経済的に自立している為分かれることへのハードルが低く、専業主婦を妻にしている場合よりも夫婦関係を解消するのに抵抗を感じる人が少ないでしょう。
仕事があって経済的に自立をしているならば子供の親権も勝ち取れる可能性が高いので、要注意です。

浪費癖の妻

| 未分類 |

 

 

妻の浪費癖が原因で夫から離別を言い渡されてしまうこともあります。妻が次々と高級なものを購入してしまったために家計が困窮してしまうこともあるからです。
金銭感覚のずれというのは夫婦の間に大きな溝を作ってしまいます。
しかしなぜこのような金銭感覚のずれが生じてしまうのでしょうか。
例えば妻が過去にキャリアウーマンであった場合でしたらこのようなことがありえます。
キャリアウーマンですともちろん給料もたくさんもらっていました。さらに実家で暮らしていた方でしたら生活費による出費がありませんので自分の稼いだお金はほとんど自分の娯楽に使えるのです。

 

 
その時の金銭感覚が結婚してからもぬけきれずに継続してしまうのです。
自分も働いていればまだ問題はないのですが、夫の稼ぎだけで生活をしている場合には問題が生じます。
妻の浪費のせいで夫が自分の欲しいものが買えなくなるなどの不自由が生じますと、もう一緒に生活をしないほうがいいのではと思うようになるのです。
まだ愛情があればそれでもいいのですがそれも新婚のときはまだしも、かなり長く暮らしていますと愛情がなくなってもう耐えられなくなることもあるのです。
ですので離別へと話が進んでしまいます。

shopping04_l

家事をしない妻

| 未分類 |

 

昔は結婚したら死ぬまでつきあう事が多かったですが、最近は途中で別れてしまうケースが目立ちます。それは、あまり考えずにできちゃった婚などをしたからとか、彼氏(彼女)として付き合っている時とのギャップがあったからとかいろんな理由があると思いますが、家事をしない妻もその原因の一つに挙げられます。昔は専業主婦が多かったですが、最近は夫婦共働きというのも珍らしくありません。特に何もしていないのではなく、ちゃんと働いているのですから、人間としてはちゃんとしているように思いますが、お惣菜で手抜きするキャリアウーマンすぎる妻は嫌われるようです。

 

最近は調理しなくても食べていける時代となりましたが、男の人には女房は炊事をするものという観念がいまだに強く残っている傾向にあるようです。しかし、妻の手料理が食べたいという理由の人もいればそうでない人もいるようです。とはいえやはり女の人も社会で活躍したいと思い人はいるはずです。独身で行くんだという人もいますが、やはりパートナーが欲しい人もいるでしょう。では手抜きに見えないように手抜き出来る方法はないのでしょうか。お薦めは最近いろいろ出回っている合わせ調味料や、半調理済み食品です。自宅で少し手を加えれば、ちゃんと料理しているように見えるのではないでしょうか。

キャリアウーマン過ぎる妻を持つ旦那さんは、世間では一体どんなお気持ちなのでしょうか。
妻が稼いでくれて助かっているという方や、家庭では主夫のようなことをして、妻を応援していますという人もいるでしょうし、あんまり家庭をほったらかしにされるのは困るということで、相談が必要だと思っている人もいるでしょう。
しかし、自立した一人の大人として、社会に役立って、仕事をすることやお金を稼ぐことは悪いことではないわけで、家事や育児を手伝う機会をできるだけ増やす旦那さんがいてもおかしくない世の中です。

 
女性が経済活動への参加ができる機会を奪うことは、女性の能力を潰して、男性が女性を蹴落としているようなものです。できるだけ、家庭での協力体制をつくって、お互いを応援し合う形が、1番ベストなのではないでしょうか。
社会で認められる喜びを、女性だからと言って、家庭に閉じ込めて、得にくくすることは、ある意味では罪深いことです。小さなお子さんの手が離れたら、ある程度自由な経済活動への参加を許可する社会の方針に、家庭でも便乗すべきです。
男女対等の時代に着いていくことは、次の幸せに繋がっていく気がします。男性ばかりがむやみに威張っているようでは、新しいことを謙虚な姿勢で学び、習得し続ける人生を送ることができず、男性の成長もそこで止まってしまいます。